太陽光発電が人気の理由とは?

確実に売電収入が得られるから!

太陽光発電がここまで人気になった理由は、大きく分けて2つあげられます。まず一つ目の理由は、確実に売電収入が得られるからです。
太陽光発電を設置して売電が始まる前に、その地域を管轄する電力会社とあらかじめ売電に関する契約を結びます。つまり、電気を発電して仕入れる前から、あらかじめ売り先が確定できる訳です。そのため、毎月の発電量こそ違いますが、買い取ってもらえる単価も固定なので、その月の売り上げが簡単に予想出来るようになります。一般的な投資であれば、値段が上がるか下がるか予想しなければなりませんが、売電価格は固定されているので、価格変動リスクがありません。これは不動産の家賃収入に近い特性を持っているので、太陽光発電はこれほどの人気を得たと言えます。

設置場所を選ばないから!

太陽光発電に人気が出た2つ目の大きな理由は、発電をしてくれるソーラーパネルは、太陽光さえ当たればどんな場所にも設置場所可能だと言う事です。例えば極めて一般的な設置場所は、建物の屋根があります。建物の屋根は雨風を凌ぐ為にありますので、ソーラーパネルを設置してもほとんど影響がありません。新規にパネルの設置場所を取得しなくて良いので初期投資がかなり抑えられる為、これだけで投資効率が非常に上がります。
また、今まで使い道がなかった空地もソーラーパネルなら設置が可能です。パネルは建築物ではありませんので、設置にあたっては役所に煩わしい許可を貰わなくても良いのです。この為ソーラーパネルを使えばあらゆる空地の有効利用が可能になりました。