太陽光発電の初期投資額はいくら?

太陽光発電投資とは?

太陽光発電投資では、自宅の屋根に太陽光発電パネルを設置することで、太陽の熱から電気を作り出すことが可能になります。屋根で作った電気は家庭内で使用し、余った電気は電力会社に買い取ってもらうことができます。これを売電と呼びます。屋根の上ではなく、空いている土地に設置することも可能です。
もちろん夜や雨の日には太陽が出ていないため発電しませんし、曇りの日や冬は若干発電量が落ちます。それでも売電収入が見込めるため、十分元の取れる投資として人気が高まっています。それは電力会社が、契約後10年の間は電力の買取単価を保証しているからです。仮に、設置後に電力の単価が下がったとしても、売電単価は下がらないというメリットがあります。

初期投資0円で始められる

太陽光発電のパネルは海外製と日本製があり、無料ではありません。しかし、初期投資は0円で始めることができます。例えば15年のローンを組むと、毎月の支払額が生じますが、太陽光発電の売電収入によって、その支払いをある程度賄うことができます。さらに、パネルで発電した電気を自宅で使うため、電気代が大幅に節約になります。これらの金銭的メリットによって、ローンの支払いが相殺されます。ローンを完済した後は、売電収入のすべてが収益となります。
ただし正確な数字は、太陽光発電のパネルを何kW載せるか、その土地の自然環境でどの位の発電量を見込めるかなどを、シミュレーションしてみなければわかりません。シミュレーションは、太陽光発電の業者に頼めば簡単にしてもらえます。