太陽光発電投資って何?

太陽光発電を売るとは?

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気に変換する「太陽電池」と呼ばれる装置を設置して行う発電のことです。この電池を自宅などに設置し、光エネルギーから変換された電気エネルギー売ることで利益を生むことができます。
発電の量によって、住宅用と産業用に分かれます。10キロワット未満の発電量の場合は発電した電気をその家屋で消費し、余った分を売電することができます。このとき、同じ電気量を家屋で消費する場合と売電した場合では、売電した方がお得になります。そのため家屋で使う電気の省エネ対策の意識もできて一石二鳥のシステムではないでしょうか。住宅用の売電価格は10年間据え置かれます。10キロワットを超える発電量の場合にはすべて売電することができる産業用の発電システムになります。住宅用のように、その家屋で使用し余った分を売電することもできます。こちらは20年間、売電価格が据え置かれます。

実際の電気量に換算すると?

では、いったいどれくらいの電気エネルギーが太陽の光エネルギーから生産されるのでしょうか。
季節によって気候や天気も変わりますが、太陽の光エネルギーで生産できる電気量は1か月に80~120kWh/kWの間とされています。また、太陽の光エネルギーが生産できる電気量は1時間に1平方メートル当たり約1キロワットとなります。一般的な家庭における、1か月の電気消費量は約430~450キロワットです。太陽光発電システムを使うことで電気量を売電する場合には「キロワット単価」に注目すると価格の比較が行い易すくなります。
太陽光発電は他の火力発電よりクリーンなシステムで発電できますし、民間でも発電できることから重宝されてきました。また、エネルギー自給の問題からも注目されている発電システムです。今は様々なエネルギーを電力でまかなえるのでとても便利でお得なシステムと言えます。